床のトイレリフォームで心地よい空間作りを

トイレは生活に欠かせない設備なので、生活を保つためにはいかに掃除をしやすくなるかを考えるのが大切です。トイレリフォームを検討している場合、床材など手を加える部分をどうしていきたいのか、希望をまとめておくと業者に依頼しやすくなります。

■トイレの床に適している床材について

トイレの床材は、タイル、フローリング、クッションフロアなどが一般的です。タイルは好みのデザインに合わせやすいのがメリットとなります。フローリングは高級感を出したかったり、豊富なカラーバリエーションから選びたかったりする方に適しています。便器を外して工事を行うことになるため、費用が高くなる場合が多いです。クッションフロアはリフォーム費用を抑えたい場合に適しており、手頃な価格帯のものも少なくありません。このように、それぞれの床材には異なる特徴があることを覚えておいた方がよいでしょう。

■本当に変えるべきかどうかの見極め

トイレリフォームを行うことによってさらに快適な空間が実現しやすいものの、本当に変えるべきかどうかの見極めを行うべきです。床材の場合は工事のやり方ひとつで予想を超える費用となる場合もあります。さらに、便器から取り換えが必要な場合もあります。基本的にはほかの場所と合わせて行った方が不便は少なく、費用の問題もクリアしやすいです。


■まとめ
トイレリフォームは、今以上に快適に使えるようにしたり、デザイン性を変えたりと、今より良くするのが一番の目的です。水まわりに手を加えなければならないケースが多いため、基本的には業者に依頼する事になります。その時、理想の完成像に少しでも近づくため、予めどこをどのように変えたいのか具体的にまとめておくとスムーズに進められるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ