ウォシュレットのトイレリフォームと注意すべきポイント

トイレリフォームをすることで自宅にウォシュレットを設置したい場合、いくつかの注意点を踏まえておきましょう。それぞれの自宅のトイレに適しているかといった点を考えないといけません。実際に取り付けが可能であるかを確認したうえでの対応をしましょう。

■適しているタイプの便器であるか

ウォシュレットを設置したい場合、まずはどのタイプの便器であるかをまずはチェックしてからトイレリフォームを検討します。隅付き便器、ワンピース便器、密結形便器といったタイプがウォシュレットの取り付けが可能な便器です。取り付け方法はそれぞれの種類によって異なるものの、基本的には専門業者に任せておけば問題ありません。また、機種別必要寸法も事前に確認しておきましょう。

■便器のサイズと色について

便器のサイズは標準と大型があります。自宅の便器の寸法を測ってサイズに合う便器を選択するのが大切です。兼用便器の場合はどちらのサイズであっても取り付けができます。また、便器と合ったカラーを選択することも大切です。実際にウォシュレットの形状や色をホームページなどで確認し、自宅のトイレと見比べてみましょう。


■まとめ
自宅のトイレにウォシュレットを導入したいという場合、注意点を理解しておけば、よりよい選択ができるようになるでしょう。もちろん、基本的には専門業者に依頼しての対応が望ましいです。自分で取り付けるにあたっては本当に間違いがないかをしっかり確認しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ