トイレリフォームで壁排水にする強みと弱み

トイレリフォームのひとつに、排水方式のタイプを変える方法があります。壁排水にすることで、さらに快適な空間にすることが可能です。トイレのリフォームで壁排水にすることにはどういった強みと弱みがあるのかをひも解いていきましょう。

■壁排水とは

便器には排水するために排水管が取けられています。便器の後方に管から壁に向かって、床と水平に取り付けられているのが特徴です。集合住宅で多く採用されている方法となります。トイレのスペースが有効に使えることと、床に排水を行わないため、真下の部屋に水の流れる音が大きく響くことを防ぎ、下階の住民の騒音を減らすことができます。注意点となるのは、排水管を隠すことができないために、見栄えがあまりよくない点です。また、年数を経ると、管の劣化のため水漏れをする可能性があるということも覚えておいた方がよいでしょう。

■トイレ事情に合わせる

トイレリフォームで、排水方式を変更したい場合には、それぞれの建物の構造や、トイレのスペース、つなげる管などを考慮して行います。望むべく方向性であるかを確認するとともに、今後のことも考えてトイレリフォームを行うべきかどうかも考えるべきです。



■まとめ
トイレリフォームで壁排水を行うことで、スペースを広く取れ、騒音を防ぐことが可能ですが、リフォームを行いたいトイレによっては、工事が行えないこともあります。リフォーム工事業者に意見も取り入れた上で、今後の方向性に沿っての選択も心がけましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ