男性の使い勝手を考えたトイレリフォーム

トイレリフォームを行う場合は主に男性が使うか女性が使うかによって方法は変えるべきです。当然ながら男性と女性ではトイレの使い方が異なるため、どういった点に注目すべきかをしっかり事前に把握しておきましょう。

■身動きがとれるか

男性向けトイレリフォームを行うにあたっては、身動きがとれることを前提に考えることが大切です。男性は立って用を足すこともありますので、座るだけでなく立った場合も考慮することが必要です。トイレの掃除をする場合においても、隅々まで手が届いて拭くことができるか、掃除のために大人が屈んでも狭かったり、ぶつかったりしないか、といった点を考えないといけません。


■ぎりぎりの面積では狭くなってしまう

トイレにアクセサリー、手すり、収納、手洗い器などを取り付けると、どんどん面積は狭くなってしまいます。ぎりぎりの面積では決して使い勝手のよいトイレとはならないことを覚えておいた方がよいでしょう。先々のことまで含めての選択をするのが望ましく、今現在の生活環境だけを考えての選択をするのは危険です。老後も安心して使えるトイレであるかを考慮し、ある程度の面積を確保しておきましょう。男性の場合は奥に面積が重要であることを覚えておいた方がよいでしょう。


■まとめ
男性の場合は面積が十分に用意していないと、トイレを使うときに不便を感じてしまうこともあります。女性の場合とは勝手が違うことを考えての選択をするのが望ましく、先々のことまで考えての対応も必要です。


クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ